ダイレクトメールを送る裏技について詳しくお教えいたします

DMと略されることも多いダイレクトメールですが、ダイレクトメールは集客に有効的な手法のひとつで、法人や個人宛てに商品の案内やカタログを直接送るダイレクトメールは、主に顧客のリピート率を高めることを目的に利用される場合が多いのが特徴です。また、小冊子やカタログにして送ることもできるダイレクトメールは、顧客に対して一度にたくさんの情報を伝えることができるので、商品の案内などを知らせたい時に最適の方法といえます。その他にも、形やカラーなどデザインも自由に変更することができたり、商品サンプルやおまけを付けて送ることも可能なダイレクトメールは、デザインや企画次第で反応率を大幅に上げることができるなどのメリットもあり、リピーターや新規顧客を獲得したい場合にもおすすめです。

ダイレクトメールの効果的な活用方法とは?

顧客に対して直接商品をアプローチすることのできるダイレクトメールは、情報が多すぎて上手く取捨選択できないターゲット層に対して商品を宣伝できるのが魅力のひとつとなっていますが、ダイレクトメールを送付する場合はターゲットとなる顧客や予算に応じた手法を見極めることが何より重要です。また、商品をより効果的に宣伝するためにはダイレクトメールを送付する時期も事前に考慮しておくことで、顧客に対して効果的に商品を宣伝することができます。その他にも、最近ではWEBシステムと連動させて効率的にオフラインとオンラインの業務を繋げたシステムを導入している企業も増えてきていますが、SNSやWEB広告といったさまざまな媒体と組み合わせて商品をアプローチすることで、より効果的なマーケティングを行うことができるでしょう。

ダイレクトメールを作成・送付する際の注意点

ダイレクトメールを顧客に送付する場合、ダイレクトメール本体の印刷費用はもちろんのこと、その他にも発送作業時に生じる人件費や、ダイレクトメールを送る際の郵送費などダイレクトメールの作成から送付までにかかるコストは意外とかさむものです。一般的にダイレクトメールには、はがきと圧着はがき、封書の3パターンがあります。はがきはもっとも安価でダイレクトメールが送れるというメリットがあったり、封書の場合は複数のリーフレットを入れて送ることができるなどのメリットが挙げられますが、はがきの場合は掲載できる情報量が限られるというデメリットがあります。また、たくさんの情報を一度に送ることのできる封書も顧客に知らせたい情報が多ければ多いほど郵送料がかさんでしまうため、ダイレクトメールによるマーケティング利益を最大限に増やしたい場合は、ダイレクトメールを作成・送付する際のコストを削減することが大事です。

圧着はがきの印刷~発送までOK。サポートも安心! DMパックでは、郵便料金が最大で44%オフになります! 圧着ハガキの印刷・発送ならDMパックへおまかせ! DM作成でお悩みのご担当者様!まずはお電話下さい。 圧着はがきDM印刷、印字、発送まですべておまかせ! 見開きA3サイズのふちのり圧着(A4-4P)DMが1万部で印刷、印字、郵便料金込で1通88.9円! ダイレクトメールをお手軽価格で作成するならDMパックで