こんな文章のダイレクトメールが効果的

ダイレクトメールは郵便物を利用して個人や法人宛てに送る販売促進ツールです。主にリピーターを増やすためのツールで、新聞広告などよりも効率よく宣伝することができ、集客率を上げることができます。そんなダイレクトメールで最も大切なのはその内容です。できるだけ多くの情報を盛り込むことが大切です。とはいえ、飽きられてしまうような文章では費用対効果がありません。ダイレクトメールに必要な要素はメリットの提案のほか、思い出してもらうためのリマインド、店舗やスタッフの親近感アピール、他社とは違うブランディングの確率などが大切です。中身は多すぎず少なすぎない、訴求力を落とさないよう気を付けましょう。客が得られるメリットを最もアピールできるよう、わかりやすいデザインが理想です。客との距離を縮めるには手書きコメントも特別感が増し、ポイントが高いです。

ダイレクトメールは3回送ることが大事

ダイレクトメールは、たくさん送ったら効果があるというわけではありません。魅力的なオファーをしても反応が悪いという場合もあります。ダイレクトメールでより集客力をあげるには、裏技があります。それは3ステップレターといい、同じ相手に3回ダイレクトメールを送る手法です。ダイレクトメールは見てもらえなければ意味がありません。1度のダイレクトメールでは反応しきれなかった客が2通目3通目で反応するといったことは大いにあることです。そのため、少しずつオファーの期限を延長するなどの工夫も必要です。「締め切りに間に合うなら利用してみたい」といったようなパターンも考えられ、もったいないと思わず、3回は送るようにすることが大切です。少ない資金で多くの成果を得るには、ダイレクトメールの3ステップメールがおすすめです。

ダイレクトメールは読んでもらってこそ意味がある

ダイレクトメールの内容は、商品やサービスありきのものではなく、個人へのお手紙という形式を意識するのがよいです。長文すぎると読んでもらえず、短文すぎると興味を持ってもらえないため、内容は注目・興味・記憶・行動の心理プロセスを大切にした構成が望ましいです。まずダイレクトメールのタイトルで世界観に引き込みます。そして読み手が気になるポイントを踏まえたうえで、おすすめの理由、客が知らないであろうこと、具体的な数字などを盛り込みます。そうすることで、ほかの商品やサービスとの違いを記憶し、興味を持たせることができます。最後に「限定」や「特典」などの希少性をお知らせすることで、行動を起こさせることができます。ネガティブワードは避け、楽しい内容を意識しましょう。ダイレクトメールは見てもらわなければ意味がありません。お客ありきの内容を意識し、できるだけ多くの客を世界観に引き込めるような内容を目指しましょう。