初心者にも分かりやすくダイレクトメール作成をお教えいたします

ダイレクトメールとは、個人や企業が見込客だと思う相手に、商品やサービスなどの情報を昔ならば郵送物、現代だとインターネットなどの媒体を使って伝えていくことで、情報の拡散や販売促進などを期待するような重要な手段の1つです。今でも郵便物で届く場合も多いでしょうが、この場合だと切手などの配達料が配布数に合わせて重くのしかかってもきます。そこで、近年では相手先のアドレスさえわかれば、簡単に配信することができるネットを使ってのダイレクトメールが主流になりつつあります。ダイレクトメール作成では、やはり中身の情報内容が要となるでしょうから、伝えたい事を簡潔に分かりやすくメールで書く技術も、当然のことながら必要となるでしょう。相手には日々多くのメール数が届くでしょうし、読み手が思わず読んでくれる文面のタイトルなども工夫する必要があるでしょう。

ネットのダイレクトメールは要件のタイトルが大切です

インターネットでのダイレクトメールは、送り手も送りやすいですので、その分として相手も処分しやすい情報となります。クリックひとつで開けて読んでもらえるか、削除されてしまうのかが、はっきりと分かれてしまう手法です。お馴染みの相手先からでもなければ、削除対象になってしまうことも多いでしょう。そう考えると、メール受信箱にずらりと並ぶ要件のタイトル画面では、他のメールとの差別化をはかれるようなタイトル名にすることは大切です。また送る相手に先にとって、ピンポイントで必要な情報がこのメールには入っていますというアピールが、一目でされているようなタイトルも有効でしょう。送り手が認知度の高い場合ですと、メールの内容も相手先に事前に推測してもらえるでしょうが、そうでない場合には、まずは開いて読んでもらわないことには、何も進まないということは肝に命じて、メール作成する必要があるでしょう。

相手と繋がりを作ってくれるダイレクトメールを目指しましょう

ダイレクトメールの本文では読んでもらいやすい文章にするのはもちろんですが、適度な画像やイラストなどの挿入も必要です。文字ばかりが羅列されるメールだと読み手も読み難く、最後まで目を通してくれないこともあるからです。またそれらを挿入することで、お洒落なイメージを演出したり、信頼できる相手だと思ってもらえる効果もあるでしょう。もともと取引があるわけではない相手の場合には、せっかく相手先がメールを開いてくれたチャンスを逃さないような工夫をすることが大切です。また、メール内にはより商品について伝えたい情報が出ているリンク先などがあれば、それもきちんと貼っておき、ダイレクトメールからより詳しいサイトへと誘導することも大切です。ツイッターやfbなどもあれば同じようにして、このダイレクトメールをきっかけにして繋がりを作っていきましょう。