印象に残るダイレクトメールの作成方法

会社で取り扱っている商品を買ってもらうことや、飲食店などに来店を促すための動機づけとしてダイレクトメールを利用した販促を行なう店舗は多くあります。このダイレクトメール、意外と広告宣伝費がかかってくるのが現実です。お金をかけるからには効果を期待します。ただがむしゃらにたくさんの枚数を配布したからと言って来店や購買意欲が上がることはありえません。ダイレクトメールに書かれている内容や、その内容に見合った顧客に配布がされているかなど効果的に見せるやり方をしなければ意味が無くなってしまうものです。いかにもらった人の印象に残るか、必要としている内容のダイレクトメールを作成するかによってその効果は大きく変わってきますのでまずは作成方法から考えるようにすることをおすすめします。

ダイレクトメールの効果を上げるには見た目を大切にしましょう

作成を始める前に当然、どういった内容のものを送付するかを考えるわけですが、ここで重要なことは内容ももちろんですが見た目です。まずは封筒から考えていきます。普段、自分の家にダイレクトメールが投函されていたら自分だったらどういった行動をとるか考えましょう。まず宛先などを確認して、ダイレクトメールか普通の手紙なのかを選別します。ここでそのまま必要無いからとゴミ箱へ入れてしまう人も多いのではないでしょうか。まずは封筒を開けてもらわなければ意味がないため、興味をひくような内容の一部を封筒にも記載することが大切です。例えば期間限定で大幅な値下げをするといったことや今ならポイントがたくさんつきますよと言ったことです。手に取った人がとりあえず中身を見てみようかなと思えるような封筒を作ることが大切なポイントと言えます。

ダイレクトメールの内容がその人に合っているかも大切

封筒を開けて中身を見ても自分に全く関係のない内容のダイレクトメールだった場合は、全くその人にとっては価値の無いものになってしまいますのでやはり捨てられてしまう可能性が高くなります。どの内容をどの年代や性別の人に配布するかも大切なポイントです。ダイレクトメールを顧客に送るのであれば顧客管理を徹底することによってそういった無駄を省くことができます。内容によって送る相手の年代や性別を区別して送付すれば効果がだいぶ上がってきます。必要としている人に必要な内容のダイレクトメールを届けるということが、効果を上げるポイントになってくるわけです。また、ただお知らせをするだけのダイレクトメールはあまりおすすめしません。せっかく送付するのであれば購買意欲が出るように割引券を付けたり、そのダイレクトメールから注文することによってメリットがあるという内容を入れるようにしましょう。